top of page

クラフトチョコレート運動とBean To Bar ムーブメント

アメリカ大陸では今から約3500年前からチョコレートは長い 間、苦く、刺激の強い「飲み物」でした。 イギリスで19世紀半ばに固形のチョコレートが現れ、世界中 に一気に広まりました。それ以降、多数の菓子メーカーが、 少しでも多くの顧客を獲得しようと競争が激しくなり、コス トを最小限に抑え、生産量を増やすため、大量に収穫できる 品種やその方法を探る必要がありました。

安く大量のカカオ 豆が手に入るおかげで、多様なお菓子を作ることが出来るよ うになった一方で「カカオ豆そのものの品質」が見過ごしが ちになっています。またカカオ豆の取引利益は仲買人や加工 工業者に吸い上げられ、カカオ生産者の貧困、児童労働も問 題視されています。


このような現状から、職人の技と新鮮な材料で高品質のチョ コレートを作ろうという「クラフトチョコレート運動」、 1990年代半ばに第1波としてアメリカから始まった、カカオ 豆の質、風味、持続可能性、倫理の向上を重視し、カカオの 木から完成品まで、チョコレート製造の全工程に細かく気を 配って高品質のチョコレートを作るBean To Barムーブメン トが今、世界中で広まっています。

bottom of page